開店祝いの花の選び方

開店祝いに花を贈ることは珍しいことではなく、食べる物や置物など好みが分かれる物ではないので選ぶ際に頭を悩ませることもそう多くはありません。しかし花を贈る際にも注意しておかなくてはならない点があります。それが、サイズや香りです。お店の大きさに合わないサイズのものを贈ると邪魔になってしまうことになるのはもちろんのこと、飲食店の場合には香りの強いものは好まれないので注意しましょう。どのようなものを選ぶのかで頭を悩ませた場合には、お店の人に聞いてみるのも一つの手段です。自分ではマナー違反とは感じないことでも、相手はマナー違反だと感じることもあるので、自分の基準で考えるのではなく、相手の立場に立って考えておきましょう。祝いは贈れば良いというものではなく、相手に喜ばれてこそ意味があることは間違いありません。

開店祝いに花を贈る際の注意点

開店祝いを贈る機会は、そう頻繁にあることではないという人が大半なので、いざ贈ることになると何を贈れば良いのかで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。一番に頭に浮かぶものといえば、花という人も多いです。無難であり迷惑になることがないというイメージがありますが、花を贈る際にもマナーがあり何でも良いというわけではありません。贈るタイミングはもちろんのこと、色や花言葉に注意しておかなくてはならないという点は当然のことと言えます。どのようなお店の開店祝いなのかという点にも気を配っておくようにしましょう。雰囲気に合わないものを贈ると相手を困らせることにもつながりかねません。良かれとして贈ったものが原因となって、相手との関係にヒビが入ってしまうようなことにならないためにも、マナーには十分気をつけましょう。

開店祝いの花と選び方のコツ

開店祝いといって、一番にイメージするものといえば、花のギフトではないでしょうか。無難でありもらって困る人がいないと考えてしまいがちですが、生花を贈ると水やりが必要となってしまうので忙しい人には迷惑をかける贈り物となっていまいます。それだけではなく、香りの強いものを好まれない場合もあるのではないでしょうか。その際に役に立つのがブリザーブドフラワーです。ブリザーブドフラワーならば水やりをする必要もなく香りもないので、どのような開店の祝いにも適しているといえます。枯れないのでコストパフォーマンスの面でも良いと言えます。何を贈れば良いのかで悩んだ場合にはブリザーブドフラワーにしておくべきではないでしょうか。その際にも、生花と同じように色や贈るタイミングには注意しておき、マナーを守るようにしましょう。

当社では、様々なシーンにおける贈り物用の花を扱っており、WEBで簡単にご注文いただける他、FAXやお電話でのご注文も可能です。 イラスト付きでわかりやすく、お手入れのポイントをまとめていますので、普段あまりお花を触らない方にも安心してお花をプレゼントして頂けます。 当店は誕生日の花や開店祝いの花など、各種お祝ギフト花を多数用意していて、お客様が満足してもらえるような料金になっています。 リンクフローリストは開店祝いの花を最短3hで全国配送!